晴れの日の器

世界へ誇る「守礼の心」を宿す器

かつて交易の場として栄えた琉球。
そこには、相手を想い、礼の限りを尽くし、人と文化の交流を豊かに発展させてきた琉球の「守礼の邦の精神」がありました。
媚びない美しさ、礼を備えた琉球のもてなし文化と、常に時代を捉え輝き続ける琉球ガラスの技術を重ね合わせ、沖縄の土地だからこそ生まれた、歓迎の場や新たな門出にふさわしい上質な「晴れの日の器」を誕生させました。

従来の琉球ガラス器にはない、インテリア感覚あふれるデザイン性と、上質かつ重厚な素材感が魅力のaiの最上級シリーズ。晴れの日を祝う集いの席のインテリアに、おもてなしの食卓に、とっておきの贈答品に、沖縄を代表する新世代の工芸品として、時代を越えて末永くご愛用頂けると幸いです。
※贈答品として桐箱もご用意しております。(お皿用有料)

晴れの日の器
晴れの日の器

晴れの日の器

ふりそそぐ沖縄の太陽を受け、きらめく海の水面のゆらぎ。

ガラスならでは透明な輝きの中に、水紋が濃淡に重なり合い、深みのあるデザインを実現。ぜひ光に透かして、その美しさをお確かめ下さい。

今までにない琉球ガラス器
1. 素材へのこだわり

グラスアート藍と生活プロダクトデザイナー村澤一晃氏とのコラボレーションにより誕生した1枚。再生ガラスを使用した製法にこだわり2年の開発期間を経て、今までにない素材感を実現。
ガラスの再生利用にルーツを持つ、琉球ガラスの原点回帰ともいえるシリーズです。

2. 手仕事が生み出す水紋様の重なり

ガラス素材の選別から、仕上げの工程まですべてが手仕事。
思わず手を触れたくなるような水紋の濃淡の重なりは、1つとして同じものはなく1枚1枚がどれも特別な存在として表情をお楽しみ頂けます。

3. フォルムの美

これまでの琉球ガラス器にはない、サイズ感と優しくそり上がるフォルム。
見た目のデザインだけではなく、手を添えやすく、料理をサーブしやすい機能性も備えた曲線美。もてなす側もてなされる側にも使い心地のよいフォルムです。器として使わない時間は、アートとしてディスプレイする楽しみも。

晴れの日の器

晴れの日の器

青空の下、吹き抜ける風にそよぎ、緑一色に染まるウージ畑。

サトウキビの葉が描く同心円の波模様と、やちむん(焼物)を思わせるような深い緑の色合いが輝きを放ち、重厚な美しさを奏でます。

インテリア感覚あふれるデザイン性を備えた器
1. 和にも洋にも似合うデザイン
沖縄の方言でサトウキビを現す「ウージ」。沖縄を象徴する原風景を描くためデザインの表現にこだわった1枚。日本古典紋様青海波を進化させ、黒い色のグラデーションの隙間から見えてくる深い緑が和でも洋にでも合う上品な1枚に仕上げています。

2. 手仕事が生み出す

一枚一枚が手仕事で生み出される為、同じ紋様は決してありません。
その1枚1枚の表徴の違いも手にする喜びとしてお楽しみ頂けます。

3. フォルムの美

これまでの琉球ガラス器にはない、サイズ感と優しくそり上がるフォルム。
見た目のデザインだけではなく、手を添えやすく、料理をサーブしやすい機能性も備えた曲線美。もてなす側もてなされる側にも使い心地のよいフォルムです。器として使わない時間は、アートとしてディスプレイする楽しみも。

※贈答品として桐箱もご用意しております。(有料)

晴れの日の器

流れ星に願いを込めて。

夜空を見上げたことはありませんか?
本銀箔が輝きを放ち、のぞき込むと煌めく星達を感じる。
晴れの日に、日本酒を最高に美味しく頂く酒器として。

その他ブランド